アフリカの結婚式

アフリカの結婚式

アフリカの結婚式


Warning: Missing argument 3 for r_links(), called in /home/wp_styles/birth/index.php on line 33 and defined in /home/wp_styles/r_links.php on line 2
さて世界の結婚式もこれで最後、今回は“アフリカ”です。陽気な大陸らしく賑やかな結婚式が特徴です。

アフリカは植民地時代の名残で国ごとに宗教は様々です。例えばベナン共和国では過半数がキリスト教徒、モーリシャス共和国ではインド系が半数を占める事からヒンドゥ教が大半です。北米の結婚式は基本的に宗教のやり方に従って行います。キリスト教なら教会で神への誓いや指輪の交換等行います。ヒンドゥ教なら僧侶による結婚式ですね。アフリカにはモーリタニア・イスラム共和国と言う国があります。国名からも判るようにイスラム教徒が大半の国で、結婚式もイスラム教に従って行われます。昔ながらの結婚式だと3日間かけて行われるそうです。1日目が家族との別れ門出の儀式、2日目に新婦を迎えに行き3日目には披露宴と結婚の契約の儀式を行うのだそうです。ところで、整体師に資格はいるのでしょうか。最近では結婚式も簡略化が進み、3日掛けた儀式の全てを1日で行ったり、中には契約の儀式だけを行う人も増えている様です。イスラム教は儀式やしきたりに厳しいイメージが有りましたので、儀式の簡略化は意外でした。

イスラム教は一夫多妻制が認められていますので、モーリタニアもそれにならって法的に一夫多妻制を導入しています。その為、男性は何回も結婚式を行います。自動車の生涯は人間の生涯よりも短いと考えるか長いと考えるかは視点の違いによるものが大きいのかもしれません。毎回、契約の儀式では、将来的に何人の妻と結婚するか契約するのですが、その時々で事情は変わってくる為、最初の結婚式で契約した人数と最終的に食い違いが生じても特に問題は無い様です。

さて、アフリカの結婚式は宗教の違いで形式は様々ですが、一つ変わらない事が有ります。それは、披露宴は誰が来ても問題ないという事です、結婚を喜んでくれるなら、通りすがりの赤の他人が来ても、笑顔で受け入れてくれます。そして、何といっても陽気です。披露宴の最中も踊りまくりで、披露宴後は朝まで踊り明かします。マリ共和国では男女が出会う機会が無いので、結婚式が出会いのチャンスなのだそうです。そこで、見ず知らずの人のパーティーでも参加して、出会いを求めるのだそうです。

ところで、整体師に資格はいるのでしょうか。

世界の結婚式はその殆どが宗教をベースに作られていました。しかし、同じ宗教でも国ごとに部分部分は違っています。宗教と国の国民性が混じり合い、現在の国ごとの結婚式が出来上がっているのです。そして結婚式は未だに進化しています、数十年後には又新たな形の結婚式が出来ているのかもしれません。